マンション査定の自動シミュレーションで売却価格を簡単に確認する方法

マンションがいくらで売れるか自分で調べることができたら、嬉しいですよね。

AI(人工知能)による査定サービス「自動シミュレーション」を利用すれば、すぐに不動産価値を調べることができます。

不動産会社を通さないので、営業電話がかかってくる心配もありません。

キャラ1

この記事では、「自動シミュレーションの使い方」から「実際に使ってみた感想」について紹介していきます。

マンションの査定は自動シミュレーションを使えば簡単!AI(人工知能)を活用しよう

マンションの価値は、AI(人工知能)による査定自動シミュレーションで簡単にわかります。

AI(人工知能)による不動産査定のイメージ

今や様々な場面で活用が進んでいるAIですが、不動産業界にも進出しており、従来の常識が変わってきています。

これまではマンションがいくらで売れるか知りたければ、不動産業者に査定依頼するしかありませんでした。

不動産業者が提示する査定額を信じるしかなかった、ということです。

しかし不動産業者の中には、高く査定すると売れづらくなるという理由から、相場より安く見積もる業者も多くいます。

AIによる査定なら、不動産業者のやる気や営業力などに左右されることがありません。

誰でも簡単にできる!マンション査定自動シミュレーションの使い方

マンション査定自動シミュレーションの使い方について、「HOME’Sのプライスマップ」を用いて説明していきます。

HOME’Sのプライスマップは、マンション名を入れるだけなので、誰でも簡単に利用できます。

査定自動シミュレーションは簡単2ステップ!

  • マンション名を入力する
  • 売りたい物件の価格をチェックする

1.マンション名を入力する

価格を調べたいマンションの住所や駅名、あるいはマンション名のいずれかを入力します。

検索ボタンを押すと、入力したマンションの価格が表示されます。

2.価格をチェック

表示された参考価格から、売りたいマンションがいくらで売れるか分かります。

過去に掲載されていた情報も見ることができるので、自分のマンションが今までいくらで取引されていたかまで確認できます。

では、ユーザー登録不要で誰でも簡単に使えるサイトをいくつか紹介していきますので、参考にしてください。

ユーザー登録不要の自動査定サイトを紹介!精度の高さで選ぶならどこ?

ユーザー登録不要で利用できる自動査定サイトは、以下の3つです。

  • HOME’Sのプライスマップ
  • センチュリー21
  • 長谷工の仲介

マンション名を入力するだけなのでとっても簡単ですが、物件によっては実際の価値と数百万単位でズレが生じるケースも珍しくありません。

精度が高いサイトを選びたい人は、ユーザー登録をしなければならない手間はかかりますが、以下の2つがおすすめ。

  • 大京穴吹不動産のQUICK(クイック)
  • ソニー不動産の高精度シミュレーター

それぞれどんなサイトなのか解説していきますので、参考にしてください。

まずは、ユーザー登録不要の自動査定サイトの紹介からしていきます。

HOME’Sのプライスマップ

上述の使い方でも紹介しましたが、HOME’Sのプライスマップでマンションの査定価格を調べることができます。

住所や駅名、またはマンション名を入れるだけで、すぐに検索結果がわかる手軽さが人気。

センチュリー21や長谷工リアルエステートなどの不動産会社

センチュリー21や長谷工リアルエステートは、不動産会社ではありますが、自動シミュレーションサービスも提供しています。

検索画面にいき、マンション名を入力するだけ。

営業時間に関係なく、24時間いつでも利用できます。

それぞれどのような不動産会社なのか知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

※長谷工リアルエステートの対応エリアは、東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城のみになります。

ユーザー登録はあるけど高精度!QUICK(クイック)とソニー不動産のシミュレーター

QUICK(クイック)は、大吹穴吹不動産が提供しているシミュレーターです。

ユーザー登録の手間はかかりますが、必要事項の入力から査定結果のメールが届くまでの時間は5分ほど。

それほど負担になるわけではないと思います。

ソニー不動産にも、ソニー(株)の技術を用いて開発した、高精度シミュレーターがあります。

膨大な情報量と独自のアルゴリズムによって、正確な資産価値を提示してもらえるのが特徴。

ただしソニー不動産の査定自動シミュレーションを利用するためには、Yahoo!JAPAN IDでログインしなければならず、手間がかかるデメリットがあります。

対応エリアが東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県に限られているため、対応エリア外だと査定してもらえません。

アプリも登場!ただしダウンロードが面倒なのがネック?

最近では、AI(人工知能)による自動シミュレーションが利用できるアプリも登場しています。

アプリ名 特徴
10秒でDO!(運営:ハウスドゥ) 入力してすぐに査定結果がわかる
ふじたろう 過去の価格推移から1年後の推移予想まで見れる

価格推移が見れる「ふじたろう」のサービスはよいと思いますが、未来の不動産価値については専門家でも予測が難しいと言われています。

情報としてはおもしろいですが、あまり鵜呑みにしすぎるべきではないという点に注意しましょう。

また上述で紹介した自動査定サイトと特にサービス内容は変わらないので、アプリをダウンロードする一手間を考えると、サイトを利用したほうが早いと思います。

自動シミュレーションで中古マンションを価格査定してみた|信ぴょう性を検証

マンション査定自動シミュレーションによって算出された査定価格に、どこまで信ぴょう性があるのか、実際に4社利用して検証してみました。

今回は、東京都足立区の物件で比較しています。

HOME’S センチュリー21 マンションナビ 長谷工の仲介
1,654〜2,698万円 2,400〜2,600万円 2,450〜2,650万円 2,400〜2,600万円

自動査定する会社によって、シミュレーション結果に差があると思いましたが、HOME’Sを除き、算出された金額にそこまで大きなズレはありませんでした。

ただし、どの査定サイトにも「実際の売却価格とは乖離がある」という注意書きがありました。

査定自動シミュレーションで算出される査定価格はあくまでも目安であり、階数や方角、部屋の状態など、物件の細かい条件を反映すると、どうしても売却価格は査定自動シミュレーションで提示された金額よりも安くなります。

査定自動シミュレーションの査定結果を鵜呑みにしすぎず、あくまでも目安として参考にしてください。

一括査定サイトのほうが正確!

査定自動シミュレーションは、ある程度の相場観を養うのには役立ちますが、どうしても信ぴょう性に欠けます。

自宅マンションがいくらで売れるのかを正しく把握するためには、不動産一括査定サイトを利用するのがベターでしょう。

不動産一括査定サイトとは、ネット上で物件の基本情報を入力するだけで、複数の不動産会社にまとめて査定依頼できるサービスです。

わざわざ不動産会社に出向く必要がなく、24時間いつでも利用できるので、忙しい人でも空いた時間に査定依頼できます。

「不動産会社に査定依頼するとしつこい勧誘を受けるのでは?」と思われる人もいるかもしれません。

心配な人は、クレームに厳しいイエウールのような大手不動産一括査定サイトを通せば、しつこい勧誘を避けられます。

また、イエウールの机上査定を利用すれば、早くて当日にメールか電話で不動産のプロによるリアルな査定額を知ることができます。

査定依頼したからといって、必ずしも売却する必要はないので安心してください。

以下のグラフからもわかるように、価格を知りたいだけでも気軽に利用できます。

イエウールを利用した人の理由(アンケート結果)

自動シミュレーションはあくまでも相場を把握するのに使おう!

自動シミュレーションで算出された査定価格は、どうしても実際の売却価格とズレが生じてしまいます。

鵜呑みにしすぎるのは賢明ではないでしょう。

とはいえ、マンションのだいたいの相場を把握するのにはベストだと言えます。

不動産業者が提示する査定金額が妥当かどうか判断するために、自動シミュレーションを使って相場を把握しておきましょう。

その他にも、下記の記事で売却相場の調べ方について、いくつか紹介していますので合わせてご覧ください。

相場を把握しておくメリット

相場を把握しておけば、不動産業者に提示された金額に対していろいろな見方ができ、適切な質問をすることができます。

たとえば、自動査定による推定金額が2,800万円で、不動産業者の見積もり結果が2,400万円だった場合。

どんな点がマイナスポイントになったのか、根拠となる資料はあるかなど、金額の信ぴょう性を突き詰めることができます。

反対に、自動査定による推定金額よりも高い場合は、所有者の気を引くためにわざと高めに査定していないかどうか、慎重になることができます。

不動産業者が提示する査定額をできるだけ高く、かつ売却価格と乖離しないようにする方法について紹介している下記の記事も合わせてご覧ください。

相場価格がわかったら実際に査定してもらう

相場価格がわかったら、実際に不動産会社に査定してもらって、正確な金額を把握しましょう。

管理人がマンションを売却したときは、部屋を綺麗にして、査定してもらう準備を整えました。

もちろん住みながら売却することも可能なので、すべてきれいに片付けなければならないわけではありません。

物件の印象を左右させかねないお風呂やキッチンなどの水回りだけは、綺麗にしておくことをおすすめします。
管理人が売却したマンションの様子についてYouTubeで公開していますので、参考にしてください。

管理人からの一言「自動シミュレーションで相場を把握したら一括査定してみよう」

マンションの価値は、不動産のプロに査定してもらうのが一番であり、不動産会社への査定依頼は、不動産一括査定サイトを利用するのがベストです。

不動産一括査定サイトを利用して査定価格を調べるメリットは、以下の通りになります。

  • 複数の会社を比較できるから一番高い査定額がすぐに分かる
  • プロが算定するから査定価格の信ぴょう性が高い
  • しつこい勧誘をシャットアウトできる
  • 悪質な不動産会社が排除されているから安全

今回、紹介した査定自動シミュレーションは、一括査定前に価格の目安をおおまかに把握したい場合に利用すると良いと思います。

査定自動シミュレーションで提示された金額には物件の細かい条件が反映されていないため、一般的に売却価格よりも高い傾向にあります。

実際の売却価格とはズレがあるという点に十分、考慮したうえで利用しましょう。

イエウールで一括査定したら310万も高くなった

管理人がイエウールで自宅マンションを一括査定したところ、街の不動産会社より310万円も高い査定価格をだしてもらえました。

イエウールはクレームに厳しい会社なので、不動産業者からしつこい営業電話がかかってくることはありません。

物件情報を入力するだけの簡単手続きで、すぐに売却相場が分かる手軽さも好評です。