マンション売却の内覧は掃除が重要!物件価値を下げないためのコツ

「買主にマンションを気に入ってもらい、早く、高く売りたい」という人は、内覧前に徹底的に掃除しましょう。

誰しも、汚い家には住みたくありません。

キャラ1

一度悪いイメージを持たれてしまうと払拭するのは難しいため、第一印象をよくするために最大限、清潔感を演出することが大切です。

ここはキレイに!マンション売却における内覧前の6つの掃除箇所

マンションの内覧前にしておくべき6つの掃除箇所は、以下のとおりです。

  • 玄関
  • キッチンやお風呂などの水回り
  • リビング
  • 押入れ
  • バルコニー
  • エントランスやゴミ捨て場

内覧者がよくチェックする箇所になりますので、最低でもこの6つは徹底的にきれいにすることをおすすめします。

訪問査定前にマンションの掃除をしたと思いますが、内覧会前にも改めてキレイにしましょう。

マンションが狭くて古い物件だったとしても、清潔感があれば必ず売れますので、手を抜かないでください。

では、掃除のポイントについて、それぞれ詳しく解説していきます。

水回りの掃除が行き届いていない家は価値が下がる

水回りが汚れていると、内覧者からの印象は最悪です。

以下の箇所は、念入りに掃除しましょう。

  • キッチン
  • お風呂
  • 洗面所
  • トイレ
  • カビや水垢などがあると、それだけで「不潔」というイメージを与えてしまいます。

    逆に、水回りをキレイにしておくと、内覧者からの印象は格段に良くなります。

    意外と天井部分もチェックされる

    人間には、はじめての場所にいくと上を見てしまう習性があります。

    そのため、天井部分なども気を抜かずにキレイにしてください。

    特に換気扇は汚れが目立つので、埃や汚れを取り除いておきましょう。

    水気は拭き取っておく

    不潔な印象を与えるわけではありませんが、水滴が残っているよりも、カラッとした状態がベターです。

    使用して水気がついてしまった場合、内覧会の前に拭き取っておきましょう。

    しっかりと換気しておくことも大切です。

    水回りはプロを頼るのも手

    水回りは、掃除をしても長年染み付いた汚れがどうしても残ってしまいます。

    またキッチンは特に、頑固な汚れが多く、ピカピカにするのは大変です。

    仕事などで忙しい人も多いと思いますので、ハウスクリーニングの利用を検討することをおすすめします。

    プロの技術で新品同様にピカピカに仕上げてもらえますし、水回りだけでしたら費用もそれほど高くありません。

    詳しくは、下記の記事で詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。

    設備不良がないかどうかも要チェック!

    設備に不良があると売れづらいうえに、リフォームが必要だからと値引き交渉されてしまうかもしれません。

    また不良に気づかずにマンションを売却してしまうと、後からトラブルになる可能性もあります。

    以下のような不良がないか、内覧会前にチェックしておいてください。

    水回りの不良のチェックポイント

    • 給排水設備に水漏れはないか
    • リフォームしないと使えない痛みはないか
    • 給水栓やトイレの水量や排水は大丈夫か
    • 設備はきちんと作動するか

    もしも不良が見つかったのであれば、直してから売却したほうが結果として早く、高く売却することができます。

    値引きされることを前提にそのまま売る場合でも、買主に設備不良を隠してマンションを売却してはいけないため、きちんと告知しましょう。

    告知漏れがあると、最悪の場合、賠償請求をされる恐れがあります。

    玄関が汚いと物件のイメージも悪くなる

    ドアを開けてすぐ目に入る玄関は、部屋全体の印象を決めるといっても過言ではありません。

    はじめに受けた印象が悪いと、物件自体に「汚い」というイメージがついてしまい、他の部屋がどれだけキレイでも、イメージを覆すことは難しくなります。

    また家に入った瞬間の臭いも、物件の印象を決める重要なポイントです。

    人間は本能的に自分の臭いを好み、他人の臭いを嫌う性質があるため、消臭スプレーや消臭剤などを活用して生活臭をなくしておきましょう。

    香料が入ったものは好き嫌いがわかれますので、無香料がベターです。

    収納スペースも見せられるようにしておこう

    購入者にとって、玄関の収納スペースは気になるポイントです。

    不要なものは処分し、整理整頓しておきましょう。

    普段は外にでている靴も、内覧会のときは収納箱にしまっておいてください。

    収納箱を開けたときの臭いも、要注意です。

    お花を置いて明るい印象にしよう

    マンションの玄関は、どうしても暗い印象になりがちです。

    白やピンク、オレンジなど、明るい色のお花をおいておくと、第一印象がよくなります。

    リビングはできるだけ広く見えるように物を片付けよう!

    家族が集まるリビングを気に入ってもらうことができれば、他の部屋が多少狭くても、購入してもらえます。

    できるだけ広く見せられるように物は減らしておき、内覧会当日はカーテンや扉を開けて開放感を演出してください。

    売主の生活感が残っていると、引き渡し後の生活を想像しにくくなるため、モデルルームのような部屋を目指して配置換えを検討するとよいでしょう。

    ホームステージングの実施もおすすめ

    日本ではまだ馴染みがない人がほとんどだと思いますが、ホームステージングを実施すると、より成約に至りやすくなるのでおすすめです。

    ホームステージングとは

    レンタルした家具や小物で、部屋をコーディネートすること。

    海外では当たり前におこなわれており、成約率が上がる。