【マンションの売却相場の調べ方】相場価格より高く売る方法を徹底解説!

マンションの売却を検討している人なら誰しも、いくらで売れるのだろう?という疑問を持っているはずです。

とはいえ、「どうやって相場価格を調べれば良いかわからない」という人がほとんどではないでしょうか。

キャラ1

この記事では、「マンションの相場価格の調べ方」から「相場より高く売却する方法」について紹介していきますので参考にしてください。

マンションの売却相場の調べ方【レインズ・ポータルサイト】

マンションの相場価格は、以下の方法で把握することができます。

  • 成約価格を基にした相場価格が分かる「レインズ
  • 大手ポータルサイトの「goo住宅・不動産」や「スーモ」で調べる
  • 機械が査定額を自動算出する「自動シミュレーション」を利用する

マンションの価格相場は今までの売買取引の成約価格と、現在売り出されているマンションの売出価格を見て把握していきます。

成約価格…実際に売れた金額。実勢価格とも言う。
売出価格…物件につけられている値段。必ずしも成約価格とイコールではない

レインズなら成約価格を基にした相場価格が分かる

不動産流通機構が運営しているレインズでは、成約価格を基にした相場価格を見ることができます。

売却するマンションの地域を入力すると、周辺の物件がいくらで売れたのか、またどのくらいの期間で売れたのかを見ることができます。

レインズは、実際に売買取引されたリアルな価格を見ることができるメリットがあります。

ポータルサイトに記載されている値段は、あくまでも初めに売り出したときの価格。

売出価格と成約価格にはズレがあるのが一般的のため、「実際にいくらで売れるか」を把握するのには、レインズのほうが適していると言えるでしょう。

とはいえ、馴染みがあるであろうポータルサイトのほうが使いやすい人も多いと思いますので、使い方を紹介していきます。

ポータルサイトで近隣エリアの物件がいくらで売出されているかチェックする

大手ポータルサイトであるgoo住宅SUUMO(スーモ)を利用して、近隣エリアの物件がいくらで売り出されているか調べ、相場価格を把握します。

成約価格の目安の把握にはレインズのほうが適していますが、大手ポータルサイトは情報量が多く、値段設定の参考になるはずです。

同じマンション内で売却している物件があれば、非常に参考になりますので検索してみましょう。

NTTグループ運営で信頼性のある「goo住宅・不動産」

不動産総合サイトであるgoo住宅・不動産で、現在売り出されている物件の価格を見てマンション相場の情報を得ることができます。

売却したいマンションの所在地を選択し、さらに自分の物件に近いマンションを探すために、間取りや築年数、駅からの距離など条件を絞り込みましょう。

所有しているマンションに近い条件のマンションが一覧で見られるので、売却相場を把握するのに非常に便利です。

不動産情報サイトNO.1の「スーモ」

goo住宅・不動産の他には、SUUMO(スーモ)でも価格を調べられます。

goo住宅・不動産と同様に、売却するマンションのエリアから類似する物件を探し、売出価格を見ていきます。

情報量が多ければ多いほど、より正確に相場観をつかむことができます。できるだけ多くの物件情報を集めましょう。

自動シミュレーションで自宅のおおよその査定相場を調べる

ホームズ(HOME’S)などが提供している自動シミュレーションサービスを利用すれば、自宅マンションのおおよその売却相場が分かります。

自動シミュレーションとは

機械が自動的に物件を査定するもので、マンション名を入力するだけでだいたいの査定相場が分かる便利ツール