マンションの騒音問題で殺人事件に!?苦情をいう前に読んでほしい解決マニュアル

マンションに住んでいれば、近隣の生活音が聞こえるのは仕方がないことです。

しかし、許容できないほどの「騒音」は、精神的にかなり堪えますよね。

  • 上階の子供が走る音がうるさい
  • 下の階から聞こえてくる音楽が不快

このようなストレスを抱えている人は、少なくありません。

この記事では、騒音問題から解放され、平穏な生活を送るためにはどうすれば良いのか、解決策を紹介していきます。

キャラ1

感情的になってしまうと問題はこじれてしまいますので、冷静に解決へと導くことが大切です。

マンションの騒音トラブルは厄介!苦情は最終手段にしよう

マンションの騒音トラブルは、後を絶ちません。

壁や床だけで隔てられた一つの建物内で共同生活をしているのですから、騒音問題が発生するのも無理はないでしょう。

しかし問題の起きやすさに反して、解決が難しいのが厄介なところです。

一度トラブルに発展してしまえば、近隣関係はこじれ、修復は不可能になります。

実際、騒音トラブルによって殺人事件にまで発展したケースも少なくありません。

有名な事件でいうと、「ピアノ騒音殺人事件」があります。

苦情を言いたくなる気持ちもわかりますが、まずはトラブルに発展しないように、冷静に対処することが大切です。

では、どうすれば良いのか解説していきますので、参考にしてください。

騒音問題を一人で抱え込むのはNG!管理会社や管理組合に相談しよう

問題を一人で抱え込んでしまうと、解決できるものもできなくなります。

まずは管理会社や管理組合などに相談して、騒音を出すことをやめるよう働きかけてもらいましょう。

直接、手紙や訪問で本人に注意してもらってもいいですし、誰が苦情を言っているのか特定されそうであれば、掲示板などでマンション全体への警告として伝える方法もあります。

悪気なく騒音を出してしまっている場合であれば、それだけで十分気をつけてもらえます。

相談先は意外とたくさんある

管理会社や管理組合以外にも、以下の相談先があります。

上記の施設では、裁判外紛争解決手続(ADR)というものがあります。

裁判外紛争解決手続とは

第三者が介入して、紛争を解決する方法。

裁判をするお金や体力がない人も、泣き寝入りせずに解決までサポートしてもらえる。